2015年 6月 7月 8月 9月 10月 2014年以前はこちらから


2015年産(平成27年産)大豆生育状況 6月
カナダ カナダ カナダ(バラエティ)
オンタリオ州は播種が完了し、85%は芽が出ている。ケベック州も播種はほぼ終了に近づいている。一部乾燥していたが、両州とも大豆は順調に生育している。
(撮影6月3日)

米国オハイオ州 米国オハイオ州 米国オハイオ州(バラエティー豆)
5月末には播種作業はほぼ終了し順調に生育。米国全土を見ると降雨の為、ばらつきが出始めている。ミズリー州やカンザス州は遅れがちとなっている。
(撮影6月10日)

中国 中国 中国(一般黄大豆)
今年の黒龍江省の大豆栽培面積は約15%減少すると予測されている。最近は低温で降雨量が多い天気だった為、一部のトウモロコシが腐る減少が発生した。その為、大豆の栽培を増やす農民も出てきた。 これにより予想より大豆の作付面積は少し増加したと思われる。
(撮影6月8日)

宮城県 宮城県 宮城県JA登米(あやこがね)
宮城県登米市六軒屋敷組合。今年も6月10日〜6月12日までにタチナガハ・あやこがね。6月14日〜6月18日までにミヤギシロメ。3品種を昨年同様に20町歩に播種したとのこと。
(撮影6月10日)

山形県 山形県 山形県庄内みどり(里のほほえみ)
酒田東支店管内、北平田地区5月25日に里のほほえみを播種、降雨が少なく茎丈は10cmほど、今年は天候に恵まれ播種作業は早いが降雨不足のため発芽は昨年より若干遅い。
(撮影6月10日)

福島県 福島県 福島県JA伊達みらい(タチナガハ)
小坂アグリサービス(国見町)
6月10日から播種開始。品種は「タチナガハ」で12haを計画している。他に50aは「里のほほえみ」を作付けするが、これは全農福島からの委託で試験栽培。圃場は堆肥散布中の圃場。27年産の大豆栽培がスタートした。
(撮影6月10日)

総評
米国の播種初期は、順調に作業が行われていたが、6月中旬に中西部を襲った豪雨により播種作業が遅れてしまった。今後イールドの低下は免れないだろうが、現段階ではそれがどのくらいなのか不明。中国についても同様だが、コーンの播種時期だった為、大豆に作付けを変更した地域があるので若干だが大豆の作付けが増えるかもしれない。米国北部及びカナダは順調に推移している。国産については、やや乾燥しているが本格的な梅雨に入った為、今のところ問題はないだろう。27年産の国産大豆の集荷予想は19万5千トン(JA集荷予想19万トン、全集連5千トン)としている。北海道が小豆・黒豆からの転換で3,300ha増加、宮城県が塩害からの複田で400ha増加滋賀県が300ha増加し西日本では合計700ha増加。九州では100haの増加が見込まれている。